忍者ブログ
アメリカ女子プロバスケットボールリーグ、WNBAの情報サイトです!
15 . December
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12 . September
  
comets.jpgヒューストン・コメッツはWNBAのオリジナルチームの1つであり、WNBA創設された1997年から4連覇を果たし、WNBA史上最初のダイナスティを極めたチームである。シンシア・クーパー、シェリル・スウープス、ティナ・トンプソンという3人のスーパースターを中心としたチームは破壊力抜群で、バランスの取れた素晴らしいチームであった。
 
カンファレンス:ウェスタン
創設:1997年
アリーナ:レリアント・アリーナ
ホームタウン:テキサス州ヒューストン
チームカラー:赤・青
オーナー:WNBA
GM:カーリーン・トンプソン
ヘッドコーチ:カーリーン・トンプソン
WNBAチャンピオン:4回(1997, 1998, 1999, 2000
カンファレンス・チャンピオン:4回(1997, 1998, 1999, 2000
永久欠番:キム・ペロー(10)、シンシア・クーパー(14)


【ヒストリー】
 
コメッツはWNBAオリジナルチームの一員。1997年のWNBA初シーズンに、ファイナルでニューヨーク・リバティを破り、初代WNBAチャンピオンに輝いた。1998年にはチームの増加にともない、カンファレンスをイースタンからウェスタンに移動した。この年、フェニックス・マーキュリーとのファイナルを制し、2年連続のWNBAチャンピオンとなる。
 
1999年、ビッグ3と称されたシンシア・クーパー、シェリル・スウープス、ティナ・トンプソンの活躍で、コメッツはリバティを破って、三度WNBAチャンピオンシップを獲得した。この優勝は、シーズン前に胃がんが発見され、8月に亡くなったキム・ペローに捧げるために、チームが一丸となった結果であった。
 
2000年、コメッツはまたしてもファイナルでリバティを撃破して優勝し、ダイナスティ(王朝)と呼ばれるようになった。しかし、クーパーが2001年に引退すると、プレイオフでは1回戦で敗退する。2002年はスウープスが前十字靱帯断裂でシーズンのほとんどを欠場した結果、再び1回戦で姿を消した。2004年にはチーム史上初めてプレイオフを逃したが、翌年には再びプレイオフ進出を果たした。2006年にプレイオフ1回戦でモナークスに敗れると、オフシーズンにフロントオフィスの改革に乗り出した。2006年10月に、NBAヒューストン・ロケッツのオーナーでもあるレスリー・アレクサンダーがコメッツを売却する意思を発表し、2007年1月には創設期からヘッドコーチを務めてきたヴァン・チャンセラーが辞任。2007年1月31日、WNBAはヒューストンの実業家ヒルトン・コッチへの売却を承認し、その2週間後にカーリーン・トンプソンがGM兼ヘッドコーチに任命された。2007年12月、コッチは2008年のホームアリーナをトヨタ・センターからレリアント・アリーナへ移すことを発表。2008年8月、コッチがチームの売却を決め、現在はWNBAがコメッツのオーナーになっているが、ヒューストン地区で新たな買い手が現れない場合、チームは消滅するか他の都市へ移る可能性がある。

【シーズン別記録】

シーズン 勝率 プレイオフ
1997 18 10 .643 WNBAチャンピオン
1998 27 3 .900 WNBAチャンピオン
1999 26 6 .813 WNBAチャンピオン
2000 27 5 .844 WNBAチャンピオン
2001 19 13 .594 1回戦敗退
2002 24 8 .750 1回戦敗退
2003 20 14 .588 1回戦敗退
2004 13 21 .382 出場せず
2005 19 15 .559 カンファレンス・ファイナル敗退
2006 18 16 .529 1回戦敗退
2007 13 21 .382 出場せず
2008 14 12 .538  
合計 238 144 .623  
プレイオフ 20 14 .588 優勝4回
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]